So-net無料ブログ作成

徳大寺有恒 逝去 死因の急性硬膜下血腫とは? [ニュース]

徳大寺有恒氏といえば、自動車評論家としてご活躍に
なられた方として有名で、様々な車雑誌に執筆をされ
ていました。

同氏は元々はレーシングドライバーとして活動して おり、その後自動車評論家に転身されたんですよね。

MM-M03-0356.jpg
http://news.goo.ne.jp/entertainment/talent/M03-035...より引用


さすがレーサー目線で新車のスペックについて厳しく
評論する手法は本当に車を購入する際にはおおきな
参考になりました。

まだ74才の徳大寺氏が帰らぬ人となった原因は
急性硬膜下血腫! 一体どんな病気なのでしょう?

急性硬膜下血腫とは?


人間の頭部の中って、頭蓋骨の内側で脳を包んでいる硬膜と いう部分があるんですけど、その硬膜と、脳の間に出血して それが固まってしまう病気なんですね!

そうなれば脳が圧迫されるので頭蓋骨の内側の圧力が高く
なって激しい頭痛、嘔吐、意識障害などを引き起こしてしまう
わけです。

更にそれが進行すれば脳幹が侵されて呼吸障害などを引き起こし 最終的には死に至ってしまうことになるのです。

急性硬膜下血腫になる原因とは?


硬膜と脳の間に血がたまるわけですから、何らかの強い衝撃が
頭部に加わったり、あるいは脳内の血管が老朽して破れることも
考えられると思います。

徳大寺氏がそうなった詳しい原因は不明ですか74才という年齢
を考えると、やはり生活習慣によるものなのか?

また、2005年に急病を患って、ベストセラーであった 「まちがいだらけのクルマ選び」の刊行がなくなっていま すので、その時の病気も原因の一つではないかと思います。

お通夜や告別式は?


お通夜や告別式の予定についてはまだ公表されていない
ようですが、分かり次第またお伝えします。

今は、徳大寺氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサードリンク






スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。